読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐上邦久の猫ログ

どもー!!猫好き佐上邦久です!猫への想いをブログに書こう!ということで完全思いつきで立ち上げたこのブログ。好きにやっていきたいと思いまーす

佐上邦久の慣用句調査「猫舌・猫風呂」

佐上邦久が慣用句「猫舌・猫風呂」を調べてみました!


「佐上邦久は慣用句「猫舌・猫風呂」を調べてみました!って言われてもなぁ、慣用句って。」と思ってる方、一度聞いてみてください。

きっと猫の知識が深まりますよ!


猫舌

これはよく聞きますよね、熱いものが苦手なことを

「あなたは猫舌だから、冷まして食べてないと。」

なんて風につかったりしているのをきいたことがあります。

 

佐上邦久も実は猫舌で、なかなか熱々の食べ物が食べられないことが多いです笑


この語源は、野生の猫が普段口にすることのない加熱された食べ物を食べて、びっくりして慌てて逃げ出すことが多くあったことからなんだとか。

小さいころから温かい食事に慣れさせていると、猫はそれに慣れ、いわゆる「猫舌」にはならないそうです。

でもこの「猫風呂」のほうは、あまり聞き覚えがない方のほうが多いのではないでしょうか?少し前に流行った、可愛い猫たちが何匹か土鍋に乗っかってくつろいでいる「猫鍋」の浴槽バージョンかな!?

と最初は思ったのですが…残念ながら、違うようでした笑


この猫風呂は「ぬるい風呂」のことを意味していて、先述した「猫舌」からできた造語ではないかと言われています。

猫がびっくりするような熱々のお湯ではなくぬるま湯ということ。実際はお風呂どころか水すら苦手な猫が多いところがなんとも不思議な慣用句ですが笑

実際はお風呂が嫌いというより水が嫌いという気持ちが大きいみたいですね。


使い方としては「今日のお風呂、お湯がすごくぬるかったよ~!猫風呂だったね!」といった感じでしょうか?
猫好きとしてチェックしといて損はない慣用句を2つお届けしました!